赤ちゃんの暑さ対策、大丈夫?

全国の6〜8月平均気温平年差

日本の夏は、
年々暑くなっています。

右のグラフが示す通り、全国の平均気温は年々上昇中。暑い夏場のおでかけの際は、ママの日焼けのケアだけでなく、赤ちゃんのケアも大切なのです。

乳幼児の熱中症、
昨夏は3倍に増!

夏場の気温上昇に伴い、赤ちゃんの熱中症も2009年夏に比べ増加傾向。ベビーカーに乗っている時にも、注意が必要です。長時間おでかけする際には、こまめに赤ちゃんの様子をみてあげてください。
※総務省消防庁資料より(2009年夏と2010年夏の比較)

赤ちゃんは、体温調節が苦手。

赤ちゃんは、体温調節機能が未熟なため、うまく発汗・放熱することができません。
大人のようにスムーズに体温調節できないのです。

地面に近いほど熱くなる?

夏場は、地面からの放散熱の影響で地表に近づくほどに気温が高くなります。
つまり、ベビーカーに乗っている赤ちゃんは、ママが感じるよりも「もっと暑い」のです。

体温の調節機能が未熟で、周りの気温に影響を受けやすい赤ちゃんのからだのために、
今年の夏はしっかり暑さ対策をしてあげましょう。

「体温調節が苦手な赤ちゃんのために、ベビーカーでも暑さ対策を。」同志社大学 赤ちゃん学研究センター教授 小西行郎先生

大人は気温に左右されず体温調節をする能力があります。しかし、赤ちゃんは新陳代謝が盛んで活発に動くにも関わらず、体温調節機能が未熟。そのため、気温など周囲の影響を受けやすくなります。お出かけの時は赤ちゃんの様子を見ながら、着るものや環境を工夫してあげてください。

注目!地面に近いほど空気は汚れている。

img_content05

地面に近いほどホコリや排ガスの濃度が高い!

ホコリや排ガスは、ぜんそくなどアレルギー疾患の原因のひとつと考えられています。
また、生後1~2年間の環境がその後のアレルギー体質の決定に大きな影響を与えると言われていますので、赤ちゃんの周りの外気には十分注意が必要です。

路面に近づくほど気温が高く、空気が汚れていることがわかります。赤ちゃんを熱とホコリから遠ざけ快適に過ごせるように、シートの高いベビーカーを選びましょう。

ママが選んだSTICKの満足ポイント第1位ハイシート50cm | シートの高さ50cmのベビーカーが選ばれている理由

他にもイロイロ!STICKの満足ポイント、先輩ママたちに聞きました!

第2位 押しやすさ「ハンドルが高くてスイスイ〜ってカンジ!」

第3位 たためばスリム&コンパクト「かがまずコンパクトに折りたためるのがポイント!」

第4位 折りたたんだ状態で安定自立「収入が楽ちん♪スリムなのに自立するところが便利」

第5位 140°リクライニング「子供を寝かせたままで、ぐーっとリクライニングできる♪」

もっとママたちの声を見る
ホコリや熱から赤ちゃんを守る快適ベビーカー選びのコツ