プレママライフを一緒に楽しもう!プレママスクエア

どうしてアップリカはベッド型にこだわるの?

生まれたばかりの赤ちゃんのからだはとても未熟です。だから

生後間もない赤ちゃんの睡眠は一日約18~22時間。

「寝る子は育つ」と言われるように、睡眠中に成長ホルモンが分泌され、脳やからだが発育します。 "平らなベッド"なら、自然なあお向けの姿勢で、成長に大切な「眠り」を車の中でも守ってあげることができます。

赤ちゃんはおなかをふくらませる腹式呼吸です。

赤ちゃんのおなかは、ぽっこりふくらんでいて、とてもやわらかいのが特徴。"平らなベッド"なら、そんなおなかを圧迫せず、腹式呼吸も妨げないから安心です。

「平らなベッド型チャイルドシートである理由」のビデオを見る。

平らなベッド型チャイルドシートである理由とは

イス型のチャイルドシートは、もしもの事故の時、背中全体の広い面積で衝撃を分散する最適な状態だと言われています。
しかし、赤ちゃんの未熟性の研究を重ねてきた私たちは、背もたれが倒れ、平らなベッド型になるチャイルドシートを開発しました。以来、ベッド型チャイルドシートで繰り返すたび重なる衝撃実験の末、イス型同様に、日本とECの安全基準をクリアーしました。

ベッド型だとほかにもいいことがあるんですか?

 「マモール機能」で、重い頭やグラグラの首が安定します。

マモール機能は、 赤ちゃんの姿勢をより安定させ、振動や衝撃をやわらげる独自の機能です。重い頭やグラグラの首など、 生まれたばかりの赤ちゃんのデリケートなからだに安心です。

マモール機能
脳・頸椎マモール/気道閉塞マモールパッド

生まれたばかりの赤ちゃんは、首も腰もグラグラ。

生まれたばかりの赤ちゃんは首の筋肉、靭帯(じんたい)が未発達。自分で頭の重さを支えることができません。"平らなベッド"は赤ちゃんの首やおなかをまっすぐに伸ばし自然な姿勢を保てるので、頸椎や首、腰に負担をかけません。気道の圧迫も防ぎ、呼吸がしやすくなるので「酸素飽和度」が安定します。※酸素飽和度とは血中の酸素濃度をあらわします。

欧州でも注目されています。

アップリカが研究をすすめてきた赤ちゃんの姿勢と「酸素飽和度の低下」の問題は、2006年12月欧州小児科学会で取り上げられました。日本だけでなく、世界でも、チャイルドシート内で起こる酸素飽和度の低下について、研究されています。

アメリカ医学雑誌「PEDIATRICS」に発表されました。

未熟児、新生児などを無理な姿勢にすると酸素飽和度が低下する場合があります。 ※1 ※2
酸素飽和度が低下すると脳に発達障害の恐れがあります。 ※3

※1 マーチャント (Merchant) 他、アメリカ医学雑誌「PEDIATRICS」Vol.108 No.3, September 2001, P647 ~ P652
※2 永瀬他、日本小児科学会発行「Pediatrics International」2002,44,P60 ~ P63
※3 バス (Bass) 他、アメリカ医学雑誌「PEDIATRICS」Vol.114, September 2004, P805~P816

その笑顔には、理由がある。

赤ちゃんの笑顔のために。そして、その笑顔でシアワセになる、ママやパパ、まわりのみんなの大切な時間を、アップリカはこれからも応援していきます。

アップリカについて

赤ちゃんの8つの「守ってあげたいからだの未熟性」と3つの「育んであげたい心の発達」から8つの「からだと心を守り育む医学構造」を導きだしました。

アップリカは、赤ちゃんの心とからだ(身体)を「赤ちゃん医学」と「育児工学」を通して研究しています。

私たちは、未熟な赤ちゃんを守る製品の安全性・品質向上のために、赤ちゃんの理想的な環境の追従を続けています。