プレママライフを一緒に楽しもう!プレママスクエア

チャイルドシートの選び方

チャイルドシートは、なぜ必要なのでしょうか?

6歳未満の着用は法律で定められています。産院を退院する時から必ず使いましょう。

2000年4月から、6歳未満の子どもが乗車する際はチャイルドシートを着用することが義務づけられました。抱っこでは、万が一の時、大きな衝撃がかかり、お母さんの腕ではその大きな衝撃から赤ちゃんを支えることができないと言われています。産後、車で帰宅する時から、必ずチャイルドシートを使いましょう。また、誤使用が原因で、子どもが大きなダメージを受ける場合もあります。安全のためにはチャイルドシートを正しく使うことがとても重要です。

チャイルドシートを着けていないと死亡率が4倍!

6歳未満の子どもが乗車中、チャイルドシートを着用せずに事故に遭うと、着用していた場合と比べて死亡率が約4倍にもなることが事故の統計から明らかになっています。

図:6歳未満の幼児の事故の死亡率(H10~H14の累計、乗車中)

誤使用にも
気をつけてください!

JAF(社団法人日本自動車連盟)が2009年に実施した、チャイルドシートの取り付け状況調査※によると、「しっかり取り付け」が29.6%、「ミスユースあり」が70.4%という実態が明らかになりました。せっかくチャイルドシートを付けていても、正しく取り付けていなければ、かえって危険。誤使用を防ぐためにも、購入前に必ず車との適合性を確認し、取扱説明書をよく読み、説明を受けるなど十分に使用方法を理解しておくことが大切です。使用前に毎回緩みがないかチェックしましょう。 ※調査台数:チャイルドシート418台(うち幼児用シート216台)

チャイルドシートで気をつけたいこと

6カ月頃までは、自然な姿勢が保てるベッド型に寝かせてあげてください

生まれたばかりの赤ちゃんのからだは、未熟なところがたくさんあります。平らなベッド型なら、腹式呼吸のおなかを圧迫せず、姿勢が安定し、頸椎や背ぼねに負担がかかりにくいので安心です。もし、首のすわらない赤ちゃんを座らせて、首が曲がっていると、気道が圧迫され、酸素飽和度の低下を招く場合があります。平らなベッド型なら、 頭と首の動きが安定します。 アップリカは赤ちゃんを危険から守るためにも、特に6カ月頃までは 「平らなベッド」を強くおすすめしています。

チャイルドシートの
長時間使用で起こった「揺さぶられ症候群」

第3回米・中・日3カ国国際学術会議(2005年2月)において、揺さぶられ症候群と診断された生後3カ月の赤ちゃんの症例が報告されました。赤ちゃんは、前向き設置したイス型チャイルドシートに8時間座り帰省。ブレーキを強く踏むことはあっても事故にはあっていませんでした。長時間の細かい振動によっても、同症候群が発症する可能性が指摘されました。

発達に応じたチャイルドシートのタイプを選びましょう

チャイルドシートには、発達・医学的特性に合わせて3つのタイプがあります。赤ちゃんの体重・発達段階に合わせたチャイルドシートを選ぶことが大切です。

[新生児から、4歳頃まで長く使える]ベビー&チャイルドシート・ベッド

「平らなヘッド」機能が付いている新生児から使えるベッド型(3ステップ)タイプなら、一台で3ステップに変化し、成長に合わせた使い方ができます。

ベッド型(3ステップ)チャイルドシート

[1歳頃から成長に合わせて長く使える] チャイルド&ジュニアシート

インパクトシールドで胸とおなかを面で守るタイプ、チャイルドシートと同じ拘束方法で乗り替えスムーズな5点式(ハーネス)タイプがあります。どちらもヘッドレストの高さが調整でき、成長に合わせて長く使えます。

チャイルド&ジュニアシート

[3歳頃から成長に合わせて長く使える] ジュニアシート

背もたれがあり、成長に合わせてセパレートにできるタイプ、座部だけのコンパクトタイプがあります。6歳を過ぎても大人の体格とは違うのでジュニアシートに乗せてあげましょう。大人用シートベルトが正しい位置で使えるので安心です。

ジュニアシート

  • ※アップリカのベビー&チャイルドシート・ベッドを使用できる「新生児」とは、出生体重2.5kg以上、かつ、在胎週数37週以上の赤ちゃんです。出生体重が2.5kg未満の赤ちゃんは、体重が2.5kg以上、かつ、在胎週数プラス出生後の週数が37週以上という条件を満たした上で、お医者さまにご相談の上、ご使用ください。(参考 : WHO(世界保健機関)の定義及び母子保健法昭40法141)

あなたの赤ちゃんに最適なベビー用品は?からだと心を守り育む8つの医学構造 今すぐチェック

店舗でお買い求めの際には・・・

「チャイルドシート 選び方のチェックシート」をプリントの上、購入前のチェックにご活用ください。

チャイルドシート選び方のチェックシートはこちら

その笑顔には、理由がある。

赤ちゃんの笑顔のために。そして、その笑顔でシアワセになる、ママやパパ、まわりのみんなの大切な時間を、アップリカはこれからも応援していきます。

アップリカについて

赤ちゃんの8つの「守ってあげたいからだの未熟性」と3つの「育んであげたい心の発達」から8つの「からだと心を守り育む医学構造」を導きだしました。

アップリカは、赤ちゃんの心とからだ(身体)を「赤ちゃん医学」と「育児工学」を通して研究しています。

私たちは、未熟な赤ちゃんを守る製品の安全性・品質向上のために、赤ちゃんの理想的な環境の追従を続けています。