プレママライフを一緒に楽しもう!プレママスクエア

ベッド型(3ステップ)は、万が一のこともしっかり考えられているの? | ベッド型チャイルドシートの安全性

もちろんです。平らなベッドは、頭部と両サイドをクッションで囲むようにガード。前面衝突はもちろん、追突(後面衝突)にも強い構造です。

衝撃によるからだの動きを抑える「ボディガード構造」
乳幼児死傷率

死傷率No.1は追突事故です。

事故の衝撃は大人でも首などに大きなダメージを受ける可能性があり、からだの機能が未発達な赤ちゃんにとってはさらに危険。"平らなベッド"は、前面衝突時も、追突(後面衝突)時も赤ちゃんの頭やからだが前後に強く揺れない構造だから安心です。

ベッド型が赤ちゃんにいいのはわかるけど、3ステップはアップリカだけ。安全面は大丈夫?

ご安心ください。3ステップすべてにおいて厳しい安全基準に合格しています。

2012年7月から、国内のチャイルドシートすべてに適用される「EC基準」もいち早くクリア!

赤ちゃんのためには"平らなベッド"になる「3ステップ」がいい。しかし、イス状態だけでなくベッド状態で安全基準をクリアすることは難しいとされています。アップリカはその難しい課題にチャレンジし、長年にわたり研究開発を重ねた結果、独自のベッド構造をつくり上げ、 国内外の厳しい基準をクリアしました。

アップリカの愛情3ステップ

自社でも衝撃実験を繰り返し、安全性を追求しています。

自社で衝撃実験を実施

アップリカ中央研究所内に完備された衝撃試験場で、あらゆるダミーを用いて衝撃実験を実施。赤ちゃんを守るために、さまざまな状況を想定した実験も行い、安全性を追求しています。

2.5kgダミー 時速52kmでの前面衝突映像

2.5kgダミー 時速32kmでの追突映像

2.5kg新生児ダミーを使用した安全性の追求

国の基準では、新生児を乗せた車の衝突を想定した試験は、3.4kg、9.0kgのダミーで行われています。アップリカは新生児にとって本当に安全で安心な"平らなベッド"を届けるために、新生児の特性により近い2.5kg、3.4kgのセンサー付きダミーを開発。国の試験で使用されるダミーに加え、アップリカのセンサー付きダミーを使って自社で試験を行い、製品開発につなげています。

その笑顔には、理由がある。

赤ちゃんの笑顔のために。そして、その笑顔でシアワセになる、ママやパパ、まわりのみんなの大切な時間を、アップリカはこれからも応援していきます。

アップリカについて

赤ちゃんの8つの「守ってあげたいからだの未熟性」と3つの「育んであげたい心の発達」から8つの「からだと心を守り育む医学構造」を導きだしました。

アップリカは、赤ちゃんの心とからだ(身体)を「赤ちゃん医学」と「育児工学」を通して研究しています。

私たちは、未熟な赤ちゃんを守る製品の安全性・品質向上のために、赤ちゃんの理想的な環境の追従を続けています。