プレママライフを一緒に楽しもう!プレママスクエア

赤ちゃんのために「振動を抑える」マルチショックレス構造

マルチショックレス

アップリカは、赤ちゃんの心とからだを正しく知ることで、「真の心地よさ」を追求しています。

赤ちゃん医学

「赤ちゃん医学」とは、小児医学、心理学、育児学などを通して赤ちゃんの心とからだを研究する学問です。アップリカは、未熟なからだの特性や心の発達を正しく知り、赤ちゃんの理想的な環境や育児器具づくりに生かしています。

  • ●赤ちゃんの未熟なからだの特性を研究
  • ●脳科学で赤ちゃんの脳の働きを解析
  • ●赤ちゃんをとりまく環境を研究
  • (赤ちゃんの姿勢と酸素飽和度低下など)

育児工学

「育児工学」とは、育児の知識と最新の工学技術を融合させ、理想の育児環境づくりに生かす学問です。アップリカは、育児工学を通して赤ちゃんをいつも最も良い環境で守り、お母さんが安心して育児ができる育児器具を追求し続けています。

  • ●最新設備を駆使した実験・研究
  • ●お母さんの安心抱っこを分析
  • ●赤ちゃんをとりまく環境を研究
    (地面からの高さと熱やほこりの関係など)

赤ちゃんのために、「振動させない」ことが理想。

繊密な振動試験により、ベビーカーの快適性向上を追求。

重量ダミーをベビーカーに乗せ、表面に凹凸を設けた回転ドラム上での計測等を実施。赤ちゃんのからだにかかる負担を、リアルにシミュレートしました。

※ドラム試験機による振動測定

ベビーカー振動試験

RMS 値が小さい程、赤ちゃんへの振動の影響が小さいということを示す

Aprica製品は振動が少ない!

※SORARIA・STICKはドラム試験機による測定 ※karoon plusは段差を設置した路面をシミュレート

フレーム自体の振動を軽減!

試験の結果、振動影響を評価する際に広く用いられるRMS値において、アップリカのベビーカーは他の製品よりも優れた数値を実現しました。

赤ちゃんはもちろん、ママも快適。

走行時に路面から伝わる振動を軽減することで、赤ちゃんにとっての心地よさはもちろん、快適な操作性も実現。

『マルチショックレス構造』が 快適な「乗り心地」と「押しやすさ」を実現。

ベビーカーの振動は、からだの未熟な赤ちゃんにとって大きな問題。
アップリカは、「フレーム自体の振動を軽減」する独自の構造を開発しました。

マルチショックレス

軽さや便利さだけじゃない。 たいせつなのは、赤ちゃんの心地よさ。

車体のグラつきを軽減し、サスペンションも効果を発揮。「高剛性フレーム」

高剛性化により車体のグラつきを抑え「押しやすさ」を実現。さらに剛性が高いことで、サスペンションが効果的に働きます。

路面の凹凸の影響を抑える。「サスペンション」

車輪部分にアップリカ独自のサスペンションを採用。路面から赤ちゃんに伝わる振動を抑えます。

マルチショックレス構造でフレーム自体の振動を軽減するベビーカー。

マルチショックレス

アップリカ 最新ベビーカーラインナップを見る

アップリカ あんしんの3年保証サービス 通常1年を3年に延長! 詳しく見る

その笑顔には、理由がある。

赤ちゃんの笑顔のために。そして、その笑顔でシアワセになる、ママやパパ、まわりのみんなの大切な時間を、アップリカはこれからも応援していきます。

アップリカについて

赤ちゃんの8つの「守ってあげたいからだの未熟性」と3つの「育んであげたい心の発達」から8つの「からだと心を守り育む医学構造」を導きだしました。

アップリカは、赤ちゃんの心とからだ(身体)を「赤ちゃん医学」と「育児工学」を通して研究しています。

私たちは、未熟な赤ちゃんを守る製品の安全性・品質向上のために、赤ちゃんの理想的な環境の追従を続けています。