プレママライフを一緒に楽しもう!プレママスクエア

赤ちゃんの睡眠

赤ちゃんは、眠りの中で成長しています。

赤ちゃんは寝るのが仕事。昔から"寝る子は育つ"といわれるように、脳やからだの発育を促す成長ホルモンは、眠っている間に分泌されます。どんな時も心地よく眠れる環境をつくってあげることが赤ちゃんのすこやかな発育につながるのです。

成長とともに、睡眠・覚醒リズムがつくられていきます

一日24時間のリズムを覚えるのは3・4カ月頃

生まれたばかりの赤ちゃんは、一日約18~22時間眠るといわれています。そして、一日24時間のリズムを覚え始めるのが、3・4カ月頃になります。人間の生体時計は実は一日25時間。それに対して地球時間は24時間。このずれを私たちは毎日調整しています。生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ生体時計が動いていないので、昼と夜の区別なく寝ていますが2カ月頃になると生体時計が動き始めます。3・4カ月頃になると自然のリズム(光と闇)や周囲の人の刺激に影響されるようになり、地球時間とのずれを調整できるようになるのです。そして、2カ月頃から4カ月頃までの間に急速に昼間の睡眠時間は減り、夜に集中して長時間の睡眠をとれるようになってきます。

睡眠・覚醒リズムをつくるために大切な「朝の光」

人間は「朝の光」で一日24時間にリセットをかけます。一日のリズムを覚え始めた赤ちゃんにとっても、この朝の光を浴びることはとても大切。昼間寝ているからといって暗くしたり、夜、明るくしたまま寝ていると、地球が一日24時間で動いていることが伝わらなくなります。朝起きる時間、夜眠る時間を決め、環境を整えてあげるなど、お母さんや周囲の人々が昼と夜の区別をつけた生活リズムをつくってあげることが大切です。

睡眠不足は、脳やからだの発育障害の原因に・・・

睡眠・覚醒リズムが乱れ、睡眠不足が続くと、脳の動きの障害(集中力・学習能力・意欲・想像力の低下・記憶・感情コントロールの障害、精神的ストレスの蓄積など)や、からだの発育にも障害が生じるといわれています。現在、子どもたちの睡眠時間が減少し、就寝時間も遅くなる傾向にあり、睡眠・覚醒リズムの乱れによって10代になってから社会的不適応を起こすケースなども報告されています。

特に、夜暗くなると出るホルモン"メラトニン"がいちばんよく出るのが1歳から5歳の時期。遅寝で明るい部屋にいると、このメラトニンの分泌が抑えられてしまいます。心身のすこやかな成長のためにも、特に発達段階の赤ちゃんや子どもは、適切な時間帯に心地よく眠れる環境をつくってあげることが大切です。

赤ちゃんが心地よく眠れる環境とは?

心地よい眠りのために、お家の中でもお外でも、統一された環境をつくってあげることが大切です。まず、赤ちゃんの腹式呼吸を妨げず、自然な姿勢を保ってあげること。さらに優しく、リズミカルな揺れは、脳に快く伝わり、心地よい眠りを促してくれます。逆に不快な振動やショックは、赤ちゃんのやすらかな気持ちを壊し、落ち着きのない子に育つといわれています。そして一日24時間のリズムを覚えるためにも、起きる時間、眠る時間を決め適切な時間帯に合わせて光の調整をしてあげることが重要です。

睡眠障害について

睡眠障害とは?

夜遅くまでテレビや電気をつけていたり、夜の外出で明るい場所に行くなど、現代の夜型生活は、赤ちゃんの睡眠の妨げになることばかり。これは、生体リズムの乱れや睡眠不足を起こし、さらに、これが続くと学習能力の低下や、感情コントロールの障害、発達の遅れにつながる場合があります。

「不登校」や「キレる」などの原因にも・・・。

「不登校」や「キレる子ども」など、現代が抱える問題も睡眠障害と深く関わっていることが明らかになってきました。乳幼児の睡眠リズムの乱れは、将来大きな問題に発展する恐れがあります。

赤ちゃんの睡眠の発達

初めて赤ちゃんをおうちに迎えて、赤ちゃんがすぐ、目をさましてしまう、夜中に何回も起きて、授乳しなくてはならない、など赤ちゃんの眠りに関して心配しているお母様も多いのではないでしょうか?でも、このようなことは産まれたばかりの赤ちゃんでは普通のことなのです。

ということで、まず、眠りがどのように発達しているかについてをご説明致します。一般に年齢が低いほど全睡眠時間は長く、新生児では1日20時間程度は必要と言われています。生後1~2カ月になるとかなり夜と昼の区別がはっきりして、夜間に授乳で起こされることも減ってきます。

3~4カ月以降には夜間にまとまって眠り、昼間に起きている時間が長くなり、動きも活発になります。6カ月頃、午前午後に1回昼寝をするだけとなり、大分大人の眠りに近くなります。そして4歳児で昼寝は午後1回とるだけとなり、徐々にこの昼寝もなくなってしまいます。このように睡眠時間だけをとっても大きく変化しますが、実は単に睡眠時間や睡眠の時間帯が変化しているだけではないのです。

我々の睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠というものがあります。ノンレム睡眠は脳も体も眠っている状態といえるのに対し、レム睡眠は筋の緊張は低下つまり体は眠っているのに脳が起きている状態と考えられています。ですから眠りとしては浅いため、ちょっとした物音などでも起きてしまうのです。赤ちゃんではこのレム睡眠が非常に多く総睡眠時間の50%も占めていると言われています。

このレム睡眠は2~3歳を境に急激に減っていき総睡眠量の25%、大人では15~20%くらいになります。

ですから、新生児、早期乳児の眠りは浅く、ちょっとしたことでも起きてしまい、お母様としては苦労も多いわけですが、1~2カ月もすれば、ずいぶん状況も変わってきますから安心してください。

でも、ここで、一つ気をつけなければならないことがあります。それは、こういった睡眠の変化には環境を整えてあげることが必要だということです。これは、何もお母様方が大変だからということ以上に、お子様のその後の発達に大きな影響を持つと言ってもよい大切なことなのです。昼間に脳を覚醒させる刺激つまり日の光やあそびなどの体を動かすなどの環境刺激が十分にはいることで睡眠覚醒のリズムやノンレム睡眠を十分に発達させます。そして、この発達に関与するのがノルアドレナリン及びセロトニン作動性ニューロンです。このセロトニン作動性ニューロンは不安や恐怖の感情を抑えたり、幼児期の脳の発達をうまく調整する働きを持っている大事な神経です。

日中太陽の光を一杯浴びて体を動かしてたくさん遊び、夜はお部屋を暗くして睡眠をとるといったリズム作りは家族みんなで協力して整えていく必要があるのです。そしてこれが赤ちゃんの健全な脳の発達にとても大事なのです。

また、7カ月頃からよく夜泣きに悩まされることがあります。この夜泣きはレム睡眠中に起こる小さな筋肉の瞬間的な収縮運動が過剰に起こり、覚醒してしまうためだとされています。特別な治療は必要なく、睡眠が十分に発達をすれば直る一時的なものなのです。夜泣きがある場合にはちょっと気分を変えて外の空気にあたるなど、お父様の協力も得ながら、何とかやり過ごしたいものです。

最後になりますが、脳の発達というのは非常に早期受精後18日頃から始まっていますし、また、レム睡眠などの周期は胎生24周頃脳の発達に伴って形成されます。妊娠中のお母様も十分な睡眠をとってよりよい胎内環境を作ることもとても大事なのです。

また、育児中は体力を要します。育児中のお母様は赤ちゃんのリズム作りのために赤ちゃんと添い寝をして十分な睡眠をとることをおすすめします。

赤ちゃんの隣でお母様が家事などを忘れてリラックスして横になることが赤ちゃんを寝かしつけるためにはとても有効な手段だと先輩ママの間ではいわれているようです。

日中の赤ちゃんの居場所に困っていませんか?

家事や育児で大忙しのママは、24時間赤ちゃんを抱っこしてあげることはできません。そんなとき、ハイローベッド&チェアがママの代わりに日中の赤ちゃんの居場所や寝かしつけに活躍します。

ハイローベッド&チュア ラインナップへ

その笑顔には、理由がある。

赤ちゃんの笑顔のために。そして、その笑顔でシアワセになる、ママやパパ、まわりのみんなの大切な時間を、アップリカはこれからも応援していきます。

アップリカについて

赤ちゃんの8つの「守ってあげたいからだの未熟性」と3つの「育んであげたい心の発達」から8つの「からだと心を守り育む医学構造」を導きだしました。

アップリカは、赤ちゃんの心とからだ(身体)を「赤ちゃん医学」と「育児工学」を通して研究しています。

私たちは、未熟な赤ちゃんを守る製品の安全性・品質向上のために、赤ちゃんの理想的な環境の追従を続けています。