プレママライフを一緒に楽しもう!プレママスクエア

赤ちゃんの心とからだについて

あたたかい心を育む育児環境を届けること。それがアップリカの仕事です。

あたたかい心は、0~3歳の育児と育児環境が育みます。

私たちは、脳が急速に発達する0~3歳の育児と育児環境の大切さを長年の赤ちゃんの研究から学びました。0~3歳の重要性は、近年の脳科学でも解明されつつあります。あたたかい心を育むためには、この時期のお母さんやお父さん、周りの人とのあたたかいふれあいと、そこに寄り添う育児器具がとても大切だと私たちは考えています。だからこそ、親子のふれあいをサポートする安心の育児器具を届け、赤ちゃんの365日24時間をいつも快適に守りたいと考えています。

図: 第1次視覚野のシナプスの密度と年齢の関係

「0〜3歳は、一生を決めるほど重要な時期です。」

少子化の進む現代、一人一人の子どもの健やかな成長が、これほど重要になった時代はありません。とりわけ、0〜3歳の間は、その子の一生を決めかねないと言われているほど重要な時期です。だからこそ、脳の成長だけでなく、心を含めた子どもの健全な発達を守るための研究が重要なのです。そして研究によってわかったことを育児や赤ちゃんの環境づくりに役立て、よりよい育児環境で心とからだを育んであげることが大切です。

小西 行郎先生
(こにし ゆくお せんせい)

同志社大学 赤ちゃん学研究センター教授

赤ちゃんの心とからだを知る

赤ちゃんのからだ

胎児の発育や赤ちゃんの成長をはじめ、五感や睡眠、歩行などの赤ちゃんのからだについて

赤ちゃんのからだについて知る

赤ちゃんのケア・育児

生活していく上で必要な、赤ちゃんのミルクや離乳食、トイレ、お散歩や季節ごとに気をつける事などのケアについて

赤ちゃんのケア・育児について知る

赤ちゃんの病気・症状

知っておくと安心。子育てで不安な赤ちゃんの病気やその症状について

赤ちゃんの病気・症状について知る

育児相談 Q&A

周産期医療、新生児医療、発達神経学などの観点から、初めての赤ちゃんに関する悩みの解決をサポート

Q&Aを見る

元気な赤ちゃんを出産するためには?

おなかの中ですくすく育っている大切な命。
あなたと赤ちゃんの出会いは、妊娠したときから始まっています。
大切な赤ちゃんを守り育てていくためにも、妊娠中の過ごし方や注意点を知っておきましょう。

Baby 1st Class®

独自の医学構造から生まれたアップリカの製品は、ぜんぶ、「Baby 1st Class®」

アップリカの製品すべてに、「赤ちゃん医学」「育児工学」から導き出された製品づくりの基となる医学構造を採用しています。赤ちゃんはもちろん、ママもパパも毎日を笑顔で過ごせる「Baby 1st class®」(ベビーファーストクラス)の使いごこちで、 赤ちゃんのすこやかな成長を応援します。

アップリカのベビー用品

赤ちゃんの8つの「守ってあげたいからだの未熟性」と3つの「育んであげたい心の発達」から8つの「からだと心を守り育む医学構造」を導きだしました。

アップリカは、赤ちゃんの心とからだ(身体)を「赤ちゃん医学」と「育児工学」を通して研究しています。

私たちは、未熟な赤ちゃんを守る製品の安全性・品質向上のために、赤ちゃんの理想的な環境の追従を続けています。